HOME > 講師のご案内

講師のご案内

ヴァイオリン/ヴィオラ

写真 小川和代先生
大阪音楽大学付属音楽高校、同大学を経て、大阪音楽大学大学院音楽研究科ヴァイオリン研究室修士課程修了。
第5回才能教育国際研究大会(マサチューセッツ州)や卒業演奏会に出演。
また、オーケストラとの協奏曲の共演や、ジョイントリサイタル等を数多く開催する。ニューヨークでのリサイタルは絶賛される。
1989年大阪センチュリー交響楽団(現日本センチュリー交響楽団)に入団し現在に至る。
1994年、1996年のアフィニスセミナーに参加。
2019年豊中市立芸術センターにてリサイタルを開催、好評を得る。

「小さなお子様でこれからヴァイオリンを始めてみたい方、定年退職を迎えて憧れだったヴァイオリンを始めてみたい方、 アマチュアオーケストラで楽しんでいるけれど弾き方や指使いがよくわからないという方、経験者でさらにステップアップしたい方…など、 ぜひご相談ください。私の長いオーケストラ奏者として、そしてヴァイオリン教師としての経験をいかして、 生徒さんお一人お一人に合ったレッスンをしたいと思います。何よりバイオリンが身近な存在・楽しみであるように、ご一緒に学んでいきたいと思います。レッスンで楽しく上達しましょう! 」

【ジャンル・種目】
クラシック・オーケストラスタディ・ジャズ・ポピュラー

【指導方針・アピールポイント】
・ヴァイオリン奏者、オーケストラ奏者としての経験をいかして、生徒さんに寄り添いながら指導します。
・音楽療法、子供の心理カウンセラーなどの資格を持っているので、幅広い方面から生徒さんにアプローチしながら楽しくヴァイオリンが奏でることができるように生徒さんに寄り添いながらレッスンします。

先生の演奏動画


写真 小西理子先生
兵庫県西宮市出身。同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻管弦打楽器コース卒業。同専攻科修了。 ベルギー王立リエージュ音楽院学士課程、修士課程を修了。
第28回京都フランス音楽アカデミーにてStephanie-Marie Degand氏のクラスを修了。 第24回長江杯国際音楽コンクール第4位(1位なし)。第16回全日本芸術コンクールヴァイオリン部門第5位(1位なし)。他
中学校・高等学校教諭一種および専修免許状(音楽)取得。

「今まで音楽やヴァイオリンを続ける中で沢山の先生方、友達、仲間に出会い支えて頂きました。 これから出会う生徒様との時間も大切に一緒に勉強させて頂きたいと考えています。」

【ジャンル】
クラシック、ポピュラーミュージック(ポップス、洋楽)等
*弾いてみたい曲などございましたらご相談ください。

【対応年齢】
お子様から大人の方
*現在、お子様から大人の方までレッスンをさせていただいております。ヴァイオリンを初めて弾きたいと思っている方、ブランクがあるけど再開したい方などその方に合ったレッスン内容を模索致します。

【使用教材】
・基礎教本(Maia Bang Violin Method、カイザー、クロイツェル、音階教本など)
*ヴァイオリンを初めて弾く方、弾いてみたい曲がある方、それぞれに合った基礎練習をご提案します。

・曲について
スズキメソード教本など
*勉強する曲については生徒様に合った曲をご提案したり、生徒様と一緒に曲を決めたりしています。 弾いてみたい曲、今練習中の曲、などございましたらご相談ください。

・楽譜の読み方
楽譜やリズムについて分からない事がある方はリズムの練習方法、楽譜についてのご説明も致します。 お子様には音符カード、リズムカードなどを使用したレッスン内容も取り入れています。

【アピールポイント】
私のレッスンではご希望によって、生徒様と私とでヴァイオリンのデュオの時間を取り入れています。普段は誰かと演奏する時間がなかなか持てないかもしれませんが、レッスンで少しでも誰かと演奏する喜びや楽しさを感じていただければと思っております。

先生の演奏動画


写真 津田七愛先生
4歳よりヴァイオリンを始め、相愛音楽教室、相愛高等学校音楽科を経て、相愛大学音楽学部を卒業。選抜生による卒業演奏会に出演。
第16回高槻音楽コンクール高校生部門最優秀賞ならびに高槻市教育委員会賞(最高位)を受賞。 第2回すいたティーンズクラシックに出演、吹田市長賞 (最高位) 受賞。 第22回日本クラシック音楽コンクール優秀賞受賞、全国大会入賞。 千里フィルハーモニア大阪アシスタントコンサートミストレス。
現在は関西を中心に、演奏活動や後進の指導を行っている。
「ヴァイオリンの扱い方、弓の持ち方、姿勢など基礎を大切に、一人一人の癖に合った練習方法で指導いたします。
演奏することの楽しさを知ってもらえるように、子供から大人まで楽しく学べるレッスンを心がけております。一緒に楽しくレッスンしていきましょう!」

写真 清水絵理先生
奈良県出身。5歳よりヴァイオリンを、19歳よりヴィオラを始める。 2008年より6年間、 相愛大学附属音楽教室及び相愛ジュニアオーケストラにて学ぶ。 京都市立芸術大学弦楽専攻卒業。同大学院修士課程器楽専攻修了。
第28回日本クラシック音楽コンクール大学の部全国大会入選。第12回ベーテン音楽コンクール弦楽器部門第4位。
関西を中心にソロ、室内楽、オーケストラの客演などの演奏活動を行っている。
「音楽を演奏すること、学ぶことの楽しさを感じて頂けるようなレッスンを心掛けています。 一人ひとりのペースのペースで、一緒に音楽を作り上げていきましょう。」

▲ページトップに戻る