HOME > 講師のご案内

講師のご案内

ボイストレーニング、ボーカル、声楽

写真 信谷里枝先生
大阪出身。大阪芸術大学芸術学部演奏学科声楽専攻卒業。第16回和歌山音楽コンクール 声楽の部3位。 第41回なにわ芸術祭新進音楽家競演会出演。第6回フランス音楽コンクール奨励賞受賞。
現在、神戸オペラカンパニーに所属。モーツァルト作曲“戴冠ミサ”ソプラノソロ、“魔笛”夜の女王役で出演。 大学卒業後は後進の指導に努めるべく、声楽やボイストレーニング講師としての経験を積む。
「教えることで生徒さんと一緒に自分も成長していきたいと思っています。音楽をもっと身近で楽しいモノに感じてもらえるように頑張ります!」

写真 南奈緒先生
大阪音楽大学大学院オペラ研究科修了。学部卒業時新人演奏会出演者に選出。大学院修了演奏では『椿姫』ヴィオレッタ役を演じる。 摂津音楽祭、高槻音楽コンクール各奨励賞受賞、チェコ・スロバキア国際音楽コンクール in カナダ セミファイナリスト。 フランス歌曲・アリアマスタークラスにおいてディプロマ取得。 卒業後は、オペラハウス推薦リサイタルシリーズ及び推薦コンサート,朝日推薦演奏会(ザ・シンフォニーホール)、帝国ホテルオペラシアターの他、 日本イタリア協会ニューイヤーコンサート(大阪中之島公会堂)、カナダ・モントリオールでの国際コンサートに招聘され、4日間のプログラムに出演。また文化庁本物の舞台芸術体験事業ソプラノメンバーとして全国各地での学校公演の他、合唱公演、ミニオーケストラ公演の司会・歌演奏、大型客船‘パシフィックヴィーナス’船内メインショーでのエンターテイナーなど幅広い活動を行う。オペラでは、プッチーニフェスティバル(イタリア・トッレデルラーゴ)『蝶々夫人』従妹役で出演後、『ドン ジョヴァンニ』ドンナエルヴィラ役で本格的にデビュー。翌年同作品ドンナアンナ役は高評を得る。以後『フィガロの結婚』ケルビーノ,『蝶々夫人』ケイト、『魔笛』パミーナ,『電話』ルーシー,『ポッペアの戴冠』ポッペア、『春琴抄』春琴、『祝い歌の流れる夜に』しま、『リータ』リータ役とタイトルロール、主要キャストを好演。 また、NYでの研修、イタリアでのレッスン受講など経て、自身による指導も始める。

写真 奈良絵里加先生
大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業。 同大学卒業演奏会に出演。京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻修了。 修了時、京都市長賞受賞。第65回全日本学生音楽コンクール 大阪大会 声楽部門大学生の部 第3位。
現在、声楽やボイストレーニングの指導に加え、オペラへの出演や演奏活動にも力を入れている。
「全身を使って歌うことで、自分の思いを表現することの気持ち良さ、 楽しさを生徒の皆さんと一緒に見つけていきたいと思っています!」

写真 野口眞知子先生
大阪芸術大学演奏学科声楽専攻卒業。同大学院芸術制作研究科修士課程修了。
同大学院助手を経て2009年ロータリー財団国際親善奨学生としてイタリア留学。
第6回全日本高等学校声楽コンクール和歌山大会第3位。
第9回KOBE国際学生音楽コンクール最優秀賞伴わせて兵庫県教育長賞受賞。
第3回中田喜直音楽賞独唱部門第3位伴わせて愛知県扶桑町賞受賞。
第4回同音楽賞優秀賞受賞。第6回日本演奏家コンクール、第19回全国童謡歌唱コンクール、第1回エルピス声楽コンクール、第22回摂津音楽祭各入選。 オペラ[魔笛]、[フィガロの結婚]、[横笛の詩]、[石童丸ものがたり]等出演。
ジョン・ラッター[レクイエム]、ベートーヴェン[第九]ソプラノ独唱。
在ミラノ日本国領事館主催日伊交流演奏会をはじめ、海外での演奏会、テレビ、ラジオ、各種式典コンサート等多数出演。

写真 宮崎教江先生
大阪音楽大学短期大学部声楽専攻卒業。同専攻科修了。
2010年、フランス・ニース国際音楽アカデミーにてミレイユ・アルカンタラ クラス受講。
現在、合唱研究会、ヴォーカルアンサンブルの活動なども行っている。
吹田おらが町コンサート合唱団、合唱団なかま ・指揮者。
関西合唱団60周年記念合唱団・副指揮者。
日本のうたごえ合唱団、堺フロイデ合唱団 ・アシスタントコンダクター。

▲ページトップに戻る