HOME > 講師のご案内

講師のご案内

サックス

写真 萬淳樹先生
大阪府出身。高校時代にアルトサックスを始め、高校三年生の時に全国大会で、ナイスプレイヤー賞を受賞。大学に進学後、個人で音楽活動を始める。
熱帯ジャズ楽団などのプロミュージシャンと協演も行う。
神戸モダンタイムスビッグバンドで演奏活動中。「Good old days」というCDもリリース。
落ち着いた、安定感のある若手サクソフォニスト。
担当:アルトサックス、テナーサックス、ソプラノサックス、バリトンサックス
「初心者にも楽しく、わかりやすいレッスンを心がけています。」


写真 李由貴先生
広島文化短期大学 音楽学科管弦打楽器科を首席で卒業。
2005年シンガポールで開催された「WASBE2005第12回世界吹奏楽大会」にインターナショナルユースウィンドオーケストラの KOREA代表として出演。 帰国後、Anneau Saxophone Quartetのテナー奏者として広島県を中心に中国地方で活躍。 カフェやレストラン、小学校、施設などで演奏活動を行ってきた。 またNHK岡山FM「はればれライブ」の生放送にも出演。 定期的にリサイタルも行う。
気さくで元気溌剌な李先生。レッスンはきめ細かく優しい指導なので、わからないことも聞きやすい雰囲気。受講生にとって安心してレッスンを受けられます。
「サックスを通してたくさんの方に出会いたい!人としても成長していきたい!と常々思っています。生徒さんとの御縁を大切にし、 音楽で心が満たされるようにといつも考え、レッスンを行っています。」

写真 今井佑香先生
12歳よりサックスを始める。奈良教育大学教育学部を卒業後、3年間小学校教師を務め、相愛大学音楽学部に編入。 同校の卒業演奏会に出演。在学中にフィリップ・ガイス氏のマスタークラスを受講。第34回アンサンブルの夕べに大学代表として選出され、サクスフォンカルテットで出演。 大阪クラシック、市大附属病院でのコンサート、八尾プリズムホール主催の光プラ・キッズ他、多数の演奏会に出演する。
第2回大阪音楽コンクール第3位(1,2位なし)。第13回大阪狭山市ソロコンテスト銀賞、代14回大阪狭山市ソロコンテスト金賞。
「サックスは、演奏する人によって音色がずいぶん変わる楽器でもあります。 お一人お一人の「良い音・音楽」を見つけるお手伝いができるよう、ニーズに合わせて丁寧にレッスンしたいと考えています。 初めての方も、ご経験のある方も、一緒に楽しく学んでいきましょう!」

写真 乾実加先生
奈良県出身。相愛大学音楽学部を卒業。同校の卒業演奏会に出演する。
在学中に、ケネス・チェ氏、フィリップ・ガイス氏のマスタークラスを受講。
第11回秋篠音楽堂室内楽フェスタにて最高位のフェスタ賞を受賞。第36回アンサンブルの夕べに大学代表としてサクソフォン四重奏で出演。
また、2015年7月にはフランスで行われた世界サクソフォン会議にも参加。
介護施設や病院、小中学校への訪問演奏や大阪クラシック等の演奏会に数多く出演し積極的に活動を行う。
「音楽をより好きになり、楽器を演奏する事が楽しい!と感じて頂けるよう生徒さまそれぞれの目標に合わせたレッスンを展開していきたいと考えています。 一つ一つの出会いを大切にし、生徒さまに信頼して頂ける講師でありたいと思います。是非一緒に音楽を楽しみましょう!」

写真 榎本有希先生
京都橘高等学校吹奏楽部でのマーチング活動を通してテレビ番組や日本・海外のショーに 出演。音楽の世界に目覚める。
大阪音楽大学短期学部ジャズコース卒業。
フュージョン、ポップス、ジャズファンク、コンテンポラリーを中心に関西のライブハウスやレストランで演奏活動を行う。 依頼演奏などでも活躍中。また「古谷光広NHKモーニングジャズサロン」のアシスタントを務める。
「楽器に興味がある方、趣味として始めてみたい方、特技を音楽にしたい方等どなたでも大歓迎です! 丁寧かつ笑顔が絶えないようなレッスンにしていきたいと思います! 吹いていて楽しい!!!をモットーに(^_^)一緒に上達していきましょう!!」

▲ページトップに戻る